平成9年に個別指導をスタートさせてから、二十年以上が経ちました。必要な時期に必要な関わり方をしっかりすることで子どもは必ず伸びていきます。 誰かと比べるのではなく、その子どもの持っている無限の可能性をしっかり育ててあげませんか?


① 基本は楽しい!!

「やってみよう!」「やってみたい!」という意欲の向上成功体験を重ね、達成感を獲得、自尊感情を育みます。

② お子さまの発達管理

発達行動面に合わせた個別支援計画の作成と、個別記録、発達チェックで管理します。

③ 座る

正しい座りかた、座ることの持続性を向上させます。物事に粘り強く取り組む姿勢を養います。

④ マグネットスケジュール・タイマー

「何をするのか?」「どう動くのか?」決められたルールの中で「自発的な行動」と「開始ー終了」「切り替え」「予定を立て物事に取り組む事」の習得をします。

⑤ 発達に必要な5つのカテゴリー

認知・言語・運動・身辺自立・社会性の習得をします。
自然に覚えられない事を意図的に学ぶことが出来る環境を提供いたします。




◎みかん組① <年少年中クラス>

 ・個別療育:おえかき/ことば・ちえ
 ・集団療育:感覚統合あそび

 内容:個別療育…おえかき(感情自己メンテナンス)
        …微細運動(手指を使った微小な筋肉のコントロール)
        …言葉と認知

    集団療育…感覚運動あそび

 対象:3歳から(幼稚園または保育園等の補完)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◎みかん組② <年中年長クラス>

  • 個別療育:おえかき/ことば・ちえ
  • 集団療育:SST行動スキル

 内容:個別指導‥お絵描き(感情自己メンテナンス)
        ‥微細運動(手指を使った微小な筋肉のコントロール)
        ‥言葉と認知

    集団指導‥SST行動スキル

 対象:4歳から(幼稚園または保育園等の補完)




◎幼児 個別クラス  ※フィードバック有り

  • 感覚統合運動・粗大/微細(五感と脳の相互作用)
  • ことば/ちえ(机上中心・あそび)

感覚統合運動では、成長に必要な感覚刺激を満たす事で、脳と身体のバランスを整えます。

内容:成長教育プログラムを基に、個々に応じた療育を行います。
対象:2歳から6歳

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◎小学生 クラス

  • 選択遊び(じぶんの時間)
  • ことば/ちえ(個別療育)
  • SST、行動スキル(集団療育)

内容:"じぶんの時間“では、自分の行動を選択する経験を積むことを目的にして、計画する力、計画を遂行する力へと繋げます。

対象:小学生

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◎言語・SSTクラス  ※フィードバック有り

  • 言語理解、言語表出、ソーシャルスキルトレーニング

内容:①言語を中心にアプローチします。②文や文章の聴覚的理解、語彙や定型句の知識など言語を中心にアプローチします。

対象:小学生




◎集団クラス(りんご組)  ※フィードバック有り

  • 感覚統合運動 微細/粗大(体幹、空間認知力、筋肉の使い方やこまかな筋肉の動かし方、筋肉の柔軟性など)
  • ことば/ちえ(個別療育)
  • SST、行動スキル(集団療育)

内容:成長教育プログラムを基に、個々に応じた療育を行います。
対象:未就学児

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◎個別クラス(みかん組) ※フィードバック有り

  • 感覚統合運動 微細/粗大(体幹、空間認知力、筋肉の使い方やこまかな筋肉の動かし方、筋肉の柔軟性など)
  • ことば/ちえ(個別療育)
  • SST、行動スキル(個別療育)

内容:成長教育プログラムを基に、個々に応じた療育を行います。
対象:未就学児



◎幼児個別クラス ※フィードバック有り

個々の発達に応じたオーダーメイド療育(幼稚園・保育所の補完)

「語彙を増やす」「概念形成」「聴く力」「視る力」

「言語の受容と表出」「手指の機能向上」「ルールとマナー」

◎小学生クラス 

  • パソコンを使った画面学習とプリント学習
  • 「文字の読み書き」「ことばで伝える練習」「気持ちを言語化する練習」
  • SST(ソーシャルスキルトレーニング)

セカンドステップ教育プログラム

「相互の理解」「問題の解決」「怒りの扱い」

 物事の見方、捉え方を学びます。


お子さまが今、できないことが恥かしいのではなく、今、何が必要か…と考えてあげて欲しいと思います。 わが子の成長が気になるようでしたら、是非一度、ご相談ください。一緒に考えましょう!


1日の大半を占める、子どもの「あそび」の中に意図的に取り入れ組み立てられたプログラムです。